夏チヌ攻略の引き出しを増やせ!

ちぬ倶楽部2012年8月号

価格: ¥1,234 (税込)
数量:

twitter

【from editor】
サシエ選びからポイント攻略まで 夏チヌ攻略の引き出しを増やせ!

夏の激釣を誘うテク&情報満載で究極のパワーアップ!

夏場はチヌたちが広範囲に動き、浅い場所でもエサを追うようになってくる。
そんな季節に激釣へと展開していくには釣り人が持っているノウハウ=引き出しが重要!
今号は夏チヌ攻略の引き出しを増やす情報満載でお届けしよう。

■木村公治・谷垣泰司・武田一平が磯釣りSTYLEで大阪北港をENJOY

磯のウキフカセ釣りをメインに活動する3人が堤防のウキフカセ釣りを楽しもうと大阪湾へ集結した。軽い浮力の中通しウキを使った磯釣りSTYLEが彼らの得意とする攻め方。スリットに突っ込ませないために、ウキが入れば素早くアワセ、強気なやり取りで勝負を挑む! はたして大阪湾のチヌをキャッチすることはできるのか!?

■山本太郎スカッとReal Fight

ステージ6 紀州釣りで攻める兵庫県家島
コーンが1粒残れば活路が開けるのだ 山本太郎さんのエキサイト連載「スカッとリアル・ファイト!」。難しく考えないでより楽しく釣ろうがモットーの山本スタイルを、タイムリーにいろいろな釣り方で追いかける熱釣ライブだ。今回は乗っ込みの大型に期待できる三重県五ヶ所湾船越のかかり釣りにアタック!

■浅ダナのシモリ狙いでガツーンとくる
平和卓也のピンスポット攻撃in京都府野原のウキフカセ釣り

初夏から水温が上がり切るまで、若狭湾ではシモリ狙いが基本だというピース。その読みはズバリと的中した。勝手知ったるホームで見せた無駄のないピンスポット攻撃でスリリングに決めてくれた。カギはゼロウキを使った軽い仕掛けでのサシエの操作だった!

■夏を克服するサシエ。そのサイズはこれだ!

対エサ取りか、盛期に潜む低活性対策か、あるいはサイズアップ狙いか…汗ばむ季節の決定打はここにある!!

■お悩みスッキリ!堤防ウキフカセQ&A

6多様なチヌの釣法の中でウキフカセ釣りほどエリアや釣り師によって大きく性質が異なるものはない。表層に浮かせて釣るのか、底で釣るのか、あるいは両方で狙うのか…。同じ堤防でもその流派(?)によって異なるアプローチを見せる。ここでは4つのエリアのエキスパートたちに堤防で遭遇する疑問を問うてみた。適材適所といえる設問をそれぞれに振り分けつつも、盛夏の要点となるものについては全員に回答を頂いた。堤防のベーシックあるいは、活性が高い時期だからこそ潜む難しさを整理しよう。

■新連載
かゆいところに手が届く かかり釣り場特効マップ


さあ、どこに行こう? しかし迷いは多いもの。そこで名手おすすめのかかり釣り場を徹底ガイダンス。渡船店ベースで詳細にお届けしよう!

■KING・KANEMATSU九州再訪、熱戦を展開!
二刀流で時合い逃さず年無しに迫る!


久々の九州釣行は長崎県佐世保市の小佐々。いつもすんなりとはいかない遠征行ではあるが、今回はどうだろうか…。大型が出る期待のポイントだけに、目標を年無しにおいて兼松さんの熱戦がはじまった。

■新連載
ビギナーでもバッチリ釣れる  旬のホットスポット必釣ガイド


釣果を上げる基本の基は「釣れる旬の釣り場へ行くこと」! これに尽きる。最強のテクニックをもっている百戦錬磨の名人でも、バリバリの地元名手でも、この基本の基を実践しないとボーズは覚悟の上。そこで、ビギナーはもちろん上級者でもにんまりする「絶対に釣れる!?」自信満々のタイムリーな釣り場を“スゴ腕”名手たちにガイドしていただこう。信じるか信じないかは熱い気持ちひとつ…。

このページを閲覧した人はこんな商品もチェックしています。

ページトップへ