鍛えろ!寒グレ必釣力

磯釣りスペシャル2013年3月号

価格: ¥1,234 (税込)
JANコード: 4910116130330
数量:

twitter

商品仕様

製品名: 磯釣りスペシャル2013年3月号
JANコード: 4910116130330

【from editor】
水温が下がり繊細なアプローチが求められる一方、メインターゲットの口太グレは一年を通じてもっとも大型が狙えるシーズン。『磯釣りスペシャル3月号』はそんな”寒グレ”をがっつり仕留めるためのノウハウ満載。巻頭カラーでは名手の激釣技を密着レポートでお届け。モノクロの特集ページでは、寒グレ必釣力を高めるための必須4項目を詳解します。でかグレ攻略の戦略と戦術を追う新連載や、最新ラインカタログなど深く濃くアナタの釣りをサポートします!

■でか口太連発!潮の壁にロックオン

徳島の気鋭のトーナメンター、森井陽さんが絶好調の愛媛県矢ケ浜へ勝負を挑んだ。ズーム機能が搭載されたニューロッドを武器に潮の壁を集中攻撃し、開始早々52?を頭にでか口太を3連発!  スピーディーに手返しよく釣るためにズームイン、波が高くなればズームアップとズーム機能を巧みに使って次々とでか口太を取り込んで いったのだった。

■タナを探るより飛距離で探れ!
武田一平さんの超お気に入りフィールド、和歌山県日置へ向かった。10?沖のポイントで35?クラスを次々とブチ抜いていく。サイズアップを狙うため、遠投で遠い距離を探っていき40?をキャッチ! そのパターンで釣れ続くと思われたがアタリが止まった…。深ダナ狙いに作戦を変更したが反応はなし。再び沖狙いの飛距離攻撃でラストに41?を取り込んだのだった。

■全層沈め釣りで爆風に勝つ!
冬の釣りにはつきものの北西風。それも15?近いバッドコンディションに挑むのは“全層釣法”の第一人者、柴原啓ニさん。長崎県五島列島黄島の中美漁で見せた爆風下でのワザをお届けしよう。

■”全遊動ピンポイント攻め2が威力
瀬戸内のチヌファイター、南康史さんが”寒”を目前にした広島湾に挑んだ。朝一から迷うことなくゼロウキをセットし、ウキ止めを付けない全遊動仕掛けでアプローチ。狙うは、15m沖にあるかけ上がり、そして約25mにあるシモリ際。その2つのピンポイントを丹念に探り苦戦をしながらもアタリをとらえていった…。

■沖山勝彦?久保野孝太郎 西の風13?、ウネリ3?に立ち向かう
三宅島をホームにする沖山勝彦さんと伊豆半島をホームにする久保野孝太郎さんが南伊豆の大瀬にトライした。スタイルが違う2人の競演をしっかりとレポートしたかったのだが、最悪の状況に見舞われた。ステージは大瀬の1級ポインロの牛ヶ瀬。当然のように本命ポイントでは竿が出せず、風裏の船着きでがんばるしかなかった。

■鍛えろ!寒グレ必釣力
寒グレシーズンど真ん中! シビアなゲームを制しグッドサイズを手にするための必須4項目「マキエ&仕掛け冬の必勝投入パターン」、「激釣ウキ使いSUPERレクチャー」、「北西風に打ち勝つ鍵はコレだ!!」、「寒でもエサ取り対策は不可欠だ」を、磯スペ強力解説陣がツボを押さえて徹底レクチャー。寒グレ必釣力をとことん鍛えて磯で勝利をガッツポーズを決めようぜ!
 
■城本尚史のでかグレ武者修行
大きな魚の強い引きを味わいたい! アプローチは繊細ながら釣りはダイナミックな城本尚史さんが、でかグレにターゲットを絞り、どのような戦略を立ててどのように釣りを組み立てていくかを追う新連載。第一回は和歌山県串本大島の樫野へアタック。黒鼻の上でアツい釣りを展開した。
 
■的確なポイントローテーションで型ぞろいを連発!!
低い雲が垂れ込める早朝の愛媛県日振島。型のよい口太が期待できる横島の“北の中”へ渡礁したのは徳島の三原正樹さん。どこでサシエが残るか縦横に探りまくり会心の釣りを見せた。 
 
■メーカー“推し”ライン 36 2013バージョン
消耗品の中でも釣りの快適度に大きく関わるのがライン。特に道糸はストレスフリーな釣りになるのか、ストレスフルな釣りになってしまうのかを大きく左右する超重要アイテムだ。この特集では、今年度の注目商品をご紹介しながら、道糸が備える特性についても併せてご紹介していきたい。

このページを閲覧した人はこんな商品もチェックしています。

ページトップへ