冬のでか口太を奪取せよ!

磯釣りスペシャル2013年1月号

価格: ¥1,234 (税込)
JANコード: 4910116130132
数量:

twitter

商品仕様

製品名: 磯釣りスペシャル2013年1月号
JANコード: 4910116130132

【from editor】
冬を迎え磯釣りはメインターゲットのグレが絶好機に突入しました。とりわけ口太グレは大型の活性が高まり、憧れの50cmオーバーを手にするチャンスです。『磯釣りスペシャル1月号』では、そんな”でか口太”を手にするためのノウハウを各地の鉄腕アングラーが詳解する大特集「冬の”でか口太”を奪取せよ!」をはじめ、寒グレを満喫するためのノウハウ満載。注目のNEWロッド&リールの徹底解説や、編集部のヒラマサ挑戦記など大ネタ小ネタを織り込んでお届けします!

■マキエのバラけるポイントと大きな波紋に1点集中!!

台風の影響で釣り場は大分県鶴見の湾内に絞り込まれた。マキエに群がるグレの中から、良型を取るために波紋の大小を見極め、40cm級をキャッチ! その後、波紋が消えればマキエの散らばったポイントを集中的に狙い、40cmオーバーを次々と取り込んでいったのだった。

■ウネリに負けないアグレッシブな広角攻めで快釣
前号でスクープしたがま磯NEWロッドの正体は「エリネス」。操作性を重視したこだわりのショートロッドで“軽量胴調子”という新しい特性を備えたNEWアイテムを手に関東の”熱血ガマラー”久保野孝太郎さんが、高水温の神子元島へ。だが、この日は運悪くウネリが大きくバッドな状況。さあ、どう攻めるのか!

■潮の壁に沖から入れ40UPを探り出す!
磯際は木っ葉グレだらけ。その層を突破し”秘密の釣法”で下層のでかグレを狙ったが不発。次は潮筋狙いに変更し、大型へとアプローチ。これに思惑通り40UPがヒット! その熟練の手の内を紹介しよう。

■シロモッチTHEインパクト
グレのエキサイトシーズンに突入する前哨戦として”グレ武者”シロモッチこと城本尚史さんが串本大島へアタック。前日の大シケが災いしてか、グレの活性はいまいち。それならオモシロ企画に変更しようという磯スペの”ワナ”にすっぽりはまり込んだ! 題して「10魚種釣りに挑戦!」さて、結果はいかに! レッツらGOー

■ウキを浮かせて先手を取れ!
ゼロウキ使いの名手、鹿児島の榊秀之さんは、潜り潮にウキを吸い込ませるという流行りのスタイルではなく、ウキを浮かせることにこだわり実績を上げている。どうしてウキを浮かせるのか、どんな仕掛け操作をするのか、ホームの甑島で手の内を見せてもらった。

■冬の”でか口太”を奪取せよ!
繊細なアプローチが求められる一方、強烈な締め込みに耐える力強さも求められる。そんなゲーム性に富む ”でか口太”の好期がやってきた。この冬、憧れのサイズを仕留めるために、各地の鉄腕アングラーが、ご当地の”でか口太”攻略術と、特選磯を詳解。さあ、一発大物にチャレンジだ!
 
■フカセvsカゴvsルアー
ヒラマサを仕留めるのはどの釣法だ!?

磯釣りアイテムのマニアックな実験に、カラダを張って挑むクレイジートリオ、通称インプレ隊が「イソザイル」と勝手に改名してフィールドへ飛び出した。「たまには磯に行かせんかいっ!」と現場で解明を試みる今回のテーマは、対ヒラマサの最強釣法。3種の釣りで同時にアタックし、その優劣を確かめるのである。やってきたのは今期絶好調の兵庫県三尾。役者も舞台もそろったぜ!!
 
■中西毅の強さを追う
今年もこのシーズンがやってきた。秋磯の好期…ではなく、ニュータックル発表のラッシュである。ロッドやリールなどの最注目アイテムはすでにご存じのケースもあろうが、ここでは各メーカーが推薦する品々をピックアップし、ご紹介していこう。思わぬ注目アイテムが見つかるかもしれない。 
 
■2012-13最新モデル
フカセ用ロッド&リール徹底検証 新製品の中でも最注目のロッドとリール。従来の機能を凌駕するアイテムに的を絞り、じっくりと細部に至るまでご紹介していこう。

このページを閲覧した人はこんな商品もチェックしています。

ページトップへ